婚約指輪ってどんな時つけるの?

幸せを伝える!夫婦の素敵な時間に

婚約指輪とは結婚の約束の証として贈られるものなので、婚約中は日常的に着けている人が多いと思います。指輪を着けていることで周囲の人に婚約中であることが伝わります。では結婚式の後はいつ着けるのか…悩みますねが、せっかく贈ってもらった婚約指輪をしまいっぱなしにしていてはもったいないです。
そこで2人で過ごす楽しい時間に着けてみてはいかがでしょうか。楽しいデートの時間に結婚指輪と一緒に着けていれば手元が華やぎ、より素敵なおしゃれができます。結婚記念日やクリスマスなどの特別な日のおでかけにはもちろん、日々のデートにもつけて行って下さい。また、帰省や親戚と会う時、お友達に会う時に着けていると夫婦円満な事をアピールできますね。
また、最近は毎日つけられるようにとあえてシンプルなデザインにするというカップルもいます。

フォーマルな席のお共に

結婚したら親戚が増え、冠婚葬祭の席が増えたという方も多いでしょう。また、お子さんがいたら入学式や卒業式といった正装で出かける機会も多いですね。そんな時に婚約指輪をつけるのはいかがでしょうか。普段つけるには華やか過ぎる婚約指輪もフォーマルな席でのゴージャスなドレスにはなじみます。他にもお宮参りや七五三といった家族の行事やお正月などの節目の時につけてもいいですね。
その他に同窓会などお友達に会う時につけるとアクセサリーとしてだけではなく、久しぶりに会うお友達との楽しい会話にも花を添えてくれそうですね。フォーマルというほどでなくても普段よりおしゃれをしたいという日にはどんどん着用して出かけましょう。
もしなかなかつける機会がないのなら家族写真など着ける機会を自分で作ってもいいですね。

結婚指輪を千葉で作る時には、イニシャルの刻印の有無やデザインのオーダーメードの仕方について、余裕をもって確認を取りましょう。