婚約指輪は給料3か月分!これってホント?

婚約指輪の相場っていくら?

婚約指輪とは、プロポーズする際に男性から女性に贈られる指輪のことです。指輪を付ける期間は、結婚式までや入籍までなど、結婚指輪をはめるまでの期間と考えられています。定番は、ダイヤモンドがついたものです。ダイヤモンド以外では女性の好きな宝石で用意する人もいます。
では相場はいくらくらいかというと、平均25~35万円なので、3か月分の給料には届きません。30万円のダイヤモンドは0.3~0.5カラットくらいです。台座の素材や、デザインなどで値段が前後します。
10~20万円、20~30万円のものを贈る人が多い中で、一大イベントととらえ、50万円以上の指輪を贈る人もいます。人生で最大の約束をすることに重視している人もいるのですね。

なぜ婚約指輪を用意するのか

結婚指輪だけにとどめるカップルも珍しくありませんが、貰うことが嬉しいと感じている女性は多数います。指輪の価値よりも、してもらったという行動に価値を置く女性が多いようです。一般的に値段は、無理にはらなくてもいいと考えています。プロポーズ自体は女性にとって人生でも1,2位を争うくらい大切なイベントですが、無理をしてまでしてほしいという人はそう多くないようです。
また男性はなぜ婚約指輪を用意するかというと、彼女や妻のために用意したいと考える人が多くいます。他にも、気持ちを形として贈りたい、結納で必要だったからというような意見もみられます。
お互いに思い出の一環として指輪を用意する、してほしいと思う人が多いのです。

婚約指輪を銀座で探す際には、対応面に優れた店舗を利用するのがポイントで、的確なアドバイスによって希望通りの商品が見つかります。