脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛サロンとクリニックの違い

クリニックでは医療用の出力の高いレーザーを使用して脱毛を行うので、効果が非常に高いのが特徴です。サロンでは波長の異なった光を照射して施術を行いますが、医療機関ではないのでそれ程パワーの強いものが使用できないため、クリニックと比べると効果が劣ってしまします。

 

しかしその分肌に優しく負担をかけないので、敏感肌などで肌が弱い方にも安心して施術を受けることが可能です。またパワーが弱い分、痛みも少なくなっています。どちらもムダ毛の黒色メラニン色素に反応するレーザーや光を照射して、毛を作る作用がある毛母細胞にダメージを与える方法ですが、黒色メラニン色素にしか反応しないので周辺の皮膚を傷つけることがほとんどありません。しかしごくまれに、熱により赤みが出たり軽いやけどの症状が起こるケースもあります。

 

クリニックで医療レーザー脱毛をしておけば、万が一肌トラブルが起こった時でも医師の治療が受けられ、薬が処方されるのでたいへん安心です。最近のサロンでは、医療機関と連携を取っているところも増えてきているので、肌トラブルが起こったときには病院を紹介してもらえるのでそれほど心配はいりません。

 

脱毛効果が高い医療レーザー脱毛は、1年に6回ほど通うと脱毛が完了しますが、サロンは2年から3年かかります。できるだけ短い時間で脱毛したいのなら医療機関で施術を受けることをおすすめしますが、ゆっくりと自分のペースで通いたいならサロンが良いですね。

 

ミュゼ予約【電話VSネット】損しない最安脱毛の申込方法!TOPページへ戻る